こころよしブログ

「ほめる、認める、肯定する。」をモットーに、何もないおっさんになった自分が大喜利や日々のことを書きつづることこで変化していくさまを記録するブログ

早撃ちガンマンが毎日欠かさずやっていることは?【映画大喜利1000本ノック】

映画大喜利

 

 

Q.

 
早撃ちガンマンが毎日欠かさずやっていることは?
 
 

 

 

 

A.

 

・銃たてふせ
 
 
 
 
・ガン見

 

 

 

 
 
 
 

大喜利元ネタ

 
 
シェーン(1953)
 
 
 
『死ぬまでに観たい映画1001本』より、111本目。 
以下、ネタバレ備忘録。
 
 
ただただ強くカッコいい男ジェーがが、知り合った男とその家族のために、土地を荒くれ者から守る話。
 
いやあ、なかなかときめくね。
 
シェーン、カッコよかった。
 
強さをひけらかすでもなく、仲間のためなどちょうどいい塩梅でケンカしたり。
 
もう人を殺すまいとしていたところを、仲良くなったため家族のために、結局ガンマンに戻ってしまったり。
 
特によかったのはやはり最後のシーン。
 
荒くれ者たちをやっつけたシェーンはこの土地を出ていく、と言う。
 
シェーンのことが大好きで行ってほしくない、ジョーイ。
 
人を殺してしまえば、その烙印は一生ついて回る、とシェーン。
 
シェーンを追いかけて、シェーンは本気出せば打たれなかったよね、銃を抜かせなかったよね、と心配だったのと、自分の中でおおきくなった憧れ像からくる気持ちを叫びます。
 
それに対して、言葉少なにシェーンは
 
 
じゃあな。
 
 
とだけ。
 
痺れますね〜!
 
子ども視点のジョーイに感情が移入されてね。
 
あんなにも優しく強い男。カムバックしてほしいもんですよ。
 
 
どこまでも魅力的なシェーンという男を見ることができて、今でも感動が胸をよぎる、オイラでした。
 
製作国
監督
ジョージ・スティーブンス
出演
シェーン:アラン・ラッド

 

 
 
 
 

 

ジョーイ・スターレット:ブランドン・デ・ワイルド