こころよしブログ

「ほめる、認める、肯定する。」をモットーに、何もないおっさんになった自分が大喜利や日々のことを書きつづることこで変化していくさまを記録するブログ

「人違いですよ!」 あるおじさんが人違いされた。何に?【映画大喜利1000本ノック】

映画大喜利

 

 

Q.

 
「人違いですよ!」 あるおじさんが人違いされた。何に?
 
 

 

 

 

A.

 

パパ活真っ最中のパパ
 
 
 
 
・花の精

 

 

 

 
 
 
 

大喜利元ネタ

 
 
間違えられた男(1958)
 
 
 
『死ぬまでに観たい映画1001本』より、113本目。 
 
 
強盗犯に間違われた男が、ただでさえ金もないのにさらにお金がかかり、妻も病んでしまうと言う恐ろしい話。
 
保険会社からお金を借りようとしたら、前にこの事務所を襲った強盗にそっくりで、バーでベースを弾いてるマニー。
 
警察に逮捕されます。
 
 
これね、今でも色々な作品があると思うけど、警察に連れて行かれた時点でかなり詰んでるのよ。
 
もう、警察の匙加減でなんとでもなる。
 
何も手がない。
 
今でこそ、すぐに弁護士呼べたりするんだろうけど、この時代はなすがまま。
 
保釈されて、ようやく弁護士に相談。
 
そして、証言をしてくれる人を自分で探して。
 
そんで、その証言してほしい人二人くらいいるんだけど、そこ行ったら死んでんのよ。
 
二人とも。
 
別々で。
 
それで、マニーの奥さん、狂っちゃって、病院行き。
 
裁判でも、陪審員の目は冷ややか。
 
なんとか再審に持っていったところで、真犯人逮捕でことなきを得るけど。
 
 
ここで、保険会社の目撃者やら警察やらの態度がまた腹立つんですよね。
 
警察なんて、「いいかい?」の一言。
 
目撃者の女性は、罰が悪そうに、謝りもせず、小走りで走り去っていきましたもんね。
 
こいつらに人の心があるのか。
 
そんで、マニーは奥さんに裁判の必要はもうないことを報告しに行き。
 
しかし、奥さん、気分は晴れず、不調は続き。
 
そして、2年後復活、としてジ・エンド。
 
このタイプの恐怖は自分の身にも起こりそうで、じわじわと背中に汗をかくようなものでした。
 
警察機構は、どのように犯人を挙げてるか、しっかり見える化してほしいやね。
 
 
製作国
監督
出演