こころよしブログ

「ほめる、認める、肯定する。」をモットーに、何もないおっさんになった自分が大喜利や日々のことを書きつづることこで変化していくさまを記録するブログ

8人乗りの馬車にすでに8人乗っている。 9人目が乗ると、何か起こる?【映画大喜利1000本ノック】

映画大喜利

 

 

Q.

 
8人乗りの馬車にすでに8人乗っている。
9人目が乗ると、何か起こる?
 
 

 

 

 

A.

 

9人目は馬乗りにされる

 

 

 

 
 
 
 

大喜利元ネタ

 
 
駅馬車(1939)
 
 
 
『死ぬまでに観たい映画1001本』より、136本目。 
以下、ネタバレ備忘録。
 
先住民族のアパッチが待ち構える中、駅馬車に乗って乗り合いになった9人がそれぞれの思いでその目的地に向かう話。
 
行く先々でちょっとしたトラブルがあり。
 
西部劇の一種なんだけど、最後の決闘シーンはそんなに大きく取り扱われることはなく、ジョン・ウェイン扮するリンゴ・キットが勝利。
 
印象的に残ったのは、リンゴが娼婦をしていたダラスに過去のことなんて気にせず、求婚したところですねえ。
 
なんか、人間が大きいよね。
ダラス以外の男どもにも好かれるのも当然ですわ。
 
あとは、上官の娘を守ってきたギャンブラーのが、駅馬車チームの弾が尽きた時に、もう助からないとみてその娘を撃とうとするシーン。
 
苦肉の策だったんだろうなあ、と。
 
結局そのギャンブラーはアパッチ側の攻撃にてダメワジを追い、その娘を撃つことはなく、死亡。
 
そんなに悪いやつではなかったんですけどね。
 
 
なんか、リンゴの人間の大きさが際立つ、今の時代でも彼のような人っていいよな、と思わせられる作品でした。
 
 
製作国
監督
出演
リンゴ・キッド:ジョン・ウェイン
ブーン医師:トーマス・ミッチェル