こころよしブログ

「ほめる、認める、肯定する。」をモットーに、何もないおっさんになった自分が大喜利や日々のことを書きつづることこで変化していくさまを記録するブログ

美しく咲いた真っ赤な薔薇に名前をつけてください。【映画大喜利1000本ノック】

映画大喜利

 

 

Q.

 
美しく咲いた真っ赤な薔薇に名前をつけてください。
 
 

 

 

 

A.

 

『朗らかな笑顔が素敵な山内さんがじっくり丁寧に育て上げました。』

 

 

 

 
 
 
 

大喜利元ネタ

 
 
■ミニヴァー夫人(1942)
 
 
 
『死ぬまでに観たい映画1001本』より、147本目。 
 
以下、ネタバレ備忘録。
 
 
薔薇の名前にしたいほどの綺麗な女性の周りで起こる、第一次世界大戦中のあれこれの話。
 
 
ミニヴァー夫人、綺麗だったなあ。
 
 
息子の嫁さんのおばあさんが貴族で、その心が変わっていくのは嬉しく感じたね。
 
 
息子の嫁さんは残念だったけど、何か希望をかすかに感じる不思議と明るい作品でした。
 
 
 
P.S.息子の打倒資本主義は熱病みたいなものだったのかなあ。
 
製作国
監督
出演
ミニヴァー夫人:グリア・ガースング、
クレム・ミニヴァー:ウォルター・ビジョン
キャロル・ベルドン:テレサ・ライト