こころよしブログ

「ほめる、認める、肯定する。」をモットーに、何もないおっさんになった自分が大喜利や日々のことを書きつづることこで変化していくさまを記録するブログ

お姫様ごっこをしているお姫様役の女性。彼女は何をお城に見立てて王子様に自分のところに来てほしいと願ってる?【映画大喜利1000本ノック】

映画大喜利

 

 

Q.

 
お姫様ごっこをしているお姫様役の女性。彼女は何をお城に見立てて王子様に自分のところに来てほしいと願ってる?
 
 

 

 

 

A.

 

KONISHIKI

 

 

 

 
 
 
 

大喜利元ネタ

 
 
嵐が丘(1939)
 
 
 
『死ぬまでに観たい映画1001本』より、153本目。 
以下、ネタバレ備忘録。
 
身分の差から心すれ違う男女の、取り憑かれたような恋愛話。
 
話は、他所から来た男が吹雪の中、寂れた館に助けを求めるところから始まり。
 
そこで、一晩の宿を得たその男は、借りた部屋での窓から「キャシー」という声を聞いてしまう。
 
それを聞いた館の主人は、慌てたように外へ飛び出して行くのであった。
 
回想で。
 
紳士に拾われてきた男の子ヒースクリフ
 
その家には、男の子ヒンドリーと女の子キャシーがいて。
 
キャシーはその拾われてきたヒースクリフと仲良くなり。
 
ヒンドリーの方は、どこの子かもわからないその子に冷たくあたり。
 
紳士の父親が死に、当主となったヒンドリー。
ヒースクリフをいじめ抜いて。
 
しかし、そんな中、キャシーとは愛も変わらず仲良しで。
 
ある日、別のお屋敷のパーティ会場を覗くと、そこは華やかな世界。
 
キャシーは、今の牧歌的な暮らしより、その世界への憧れが強まって。
 
館にいたエドガーとデートをし、結婚を申し込まれ。
 
その夜、キャシーは、ヒースクリフに対して、野蛮な行動への非難を召使いにしたりして。
 
それをヒースクリフは聞いていて。
 
家を飛び出します。
 
しかし、キャシーの話には続きがあり、それでもとても愛している、と本心を召使いに打ち明けたのだけど、それをヒースクリフは聞いておらず。
 
キャシー、雨の中ヒースクリフを探しまくり。
 
結局見つからず、体調を悪くして。
 
それをすかさずエドガーが優しさを見せます。
 
それにやられて、キャシー、エドガーと結婚を決意。
 
エドガーに優しく愛されて、穏やかな生活を送ります。
 
そう、ヒースクリフが帰ってくるまでは。
 
金持ちで身なりを整えて帰ってきたヒースクリフ
 
すでに、兄のヒンドリーには酒ばっか飲まして飼い殺しにして復讐済み。
 
キャシーに対しても、なにか腹に一物がある様子。
 
そして、ヒースクリフエドガーの妹イザベラを丸め込み、結婚。
 
しかし、心の中ではキャシーを愛していて。
 
そんで、キャシー、疲れて体調壊して、もう生きる気力もなくなり。
 
昔を思い出しながら死にそうにベッドに寝てるところに、それを知ったヒースクリフが忍び込んできます。
 
キャシーとヒースクリフ
 
愛を確認し合いながら、キャシー、死亡。
 
ヒースクリフは最後に自分を呪ってくれ、とキャシーに伝えて。
 
それで回想終わり。
 
年老いたヒースクリフは、キャシーを追い求めて、吹雪の中、思い出の岩山に向かって、幽霊になったキャシーと共に、歩いて行くのでした。
 
うーん。
 
なかなか力強い作品。
 
思いが強いのね、ヒースクリフ
 
でも、愛し合っても生活があるもので、結婚にはいたらず。
 
先にヒースクリフが成功していたら。
 
人間の関わり方とはすでに運命づけられている感じが漂う、そんな作品でした。
 
製作国
監督
出演
エドガー・リントン:デヴィッド・ニーヴン