こころよしブログ

「ほめる、認める、肯定する。」をモットーに、何もないおっさんになった自分が大喜利や日々のことを書きつづることこで変化していくさまを記録するブログ

ニンニク、十字架、もう一つドラキュラの弱点を教えてください。【映画大喜利1000本ノック】

映画大喜利

 

 

Q.

 
ニンニク、十字架、もう一つドラキュラの弱点を教えてください。
 
 

 

 

 

A.

 

おっきめのヒル

 

 

 

 
 
 
 

大喜利元ネタ

 
 
吸血鬼ドラキュラ(1958)
 
 
 
『死ぬまでに観たい映画1001本』より、175本目。 
以下、ネタバレ備忘録。
 
周りの犠牲がありながらも吸血鬼ドラキュラを倒そうとする話。
 
ノスフェラトゥとか白黒のドラキュラとか見て、その話の筋を追うのかと思ったら、また違った話。
 
今回はドラキュラのことを最初から吸血鬼と知っていて、それを退治しようとするヘルシング教授が話の中心に。
 
ツッコミどころ。
 
ハーカーという最初にドラキュラを退治しに行こうとした男が、首筋を噛まれた女とドラキュラ、二人がそれぞれ棺桶にある部屋に着いて、
 
前日にあった争いでボロボロだったハーカー。
 
もう日暮れも迫っていて、夜になると吸血鬼が活動を始める。
 
それがわかってるであろうに、ハーカー、ドラキュラじゃなくて噛まれた女から吸血鬼を殺す杭打ってんの。
 
あんた、目的忘れたんか!?
 
先に大元からやっつけないと、被害拡大するじゃない!
 
まあ、設定とかわからないでこれだけ鑑賞してるから、噛みつかれた女からやらなきゃならないやんごとなき事情があるんだろうけどね。
 
結局最後は、ヘルシング教授との対決ののち、ドラキュラは太陽に光で灰になりましたとさ。
 
DIOみたい。
 
ドラキュラも朝になったら棺桶に戻らなきゃいけないから、せっぱ詰まっていたんでしょうね。
 
その辺にある物で十字が作られたり、太陽が登り始めてもヘルシングを殺さなきゃならなかったが、そうはいかなかったね。
 
また一つ、別の角度でドラキュラがやられる様が観れた、そんな作品でした。
 
製作国
監督
テレンス・フィッシャー
出演
ドラキュラ伯爵:クリストファー・リー
アーサー・ホルムウッド:マイケル・ガフ