こころよしブログ

「ほめる、認める、肯定する。」をモットーに、何もないおっさんになった自分が大喜利や日々のことを書きつづることこで変化していくさまを記録するブログ

ヤンキードゥードゥルダンディ

ヤンキードゥードゥルダンディ
 
qあれ、この人、実はおじいちゃん?
どんな若者?
 
aそのへんで落ちてた木の枝で人に指示をするのが堂に入っている
 
 
 
『死ぬまでに観たい映画1001本』より、219本目。
以下、ネタバレ備忘録。
 
20世紀初頭のジョージ・M・コーハンの半生をミュージカルを交えて描いた作品。
 
印象的だったところ。
 
いつの時代も売れっ子の子役は調子に乗っちゃうんだね、ってなって、観劇していた子供たちにボコボコにされるところ。
 
出る杭は打たれるのね。
 
ただ、やっぱり才能があったので、大人になっても次々ヒット作飛ばして行くんだけど。
 
そんな時代もあって、今は表向きは礼儀正しい人が多くなったのかね。
 
それと、アルプス一万尺っぽい曲がテーマソングだったのが印象的だったかな。
 
おじいちゃんのフリして女優志望だったメアリーをからかうコーハンにシーンも好き。
 
今でも耳にする曲を楽しめる、モノクロながら豪華に感じる映画でした。
 
製作国
監督
出演
ジョージ・M・コーハン:ジェームズ・キャグニー
メアリー(ジョージの妻):ジョーン・レスリー
ジェリー・コーハン(ジョージの父):ウォルター・ヒューストン