こころよしブログ

「ほめる、認める、肯定する。」をモットーに、何もないおっさんになった自分が大喜利や日々のことを書きつづることこで変化していくさまを記録するブログ

「これがあれば他に何もいらない!」ランキング1160位を教えてください。【映画大喜利1000本ノック】

映画大喜利

 

 

Q.

 
「これがあれば他に何もいらない!」ランキング1160位を教えてください。
 
 

 

 

 

A.

 

 
・たまごっち

 

 

 

 
 
 
 

大喜利元ネタ

 
 
失われた週末(1945)
 
 
 
『死ぬまでに観たい映画1001本』より、53本目。
以下、ネタバレ備忘録。
 
女房を質に入れてでもとにかく酒を飲みたいアル中男の話。
 
冒頭から様子のおかしい、主人公ドン・バーナム。兄と旅行に行く、という話だが、そんなことより気になる事があるようだ。
そう、それはお酒だ。
すでにアルコール中毒になっていたバーナムは、一緒に住む兄に見つからないよう、窓の外にウィスキーを隠していた。
 
ここから始まる、この男の酒を求めてさまよう姿は鬼気迫るものがあってね。
酒屋で酒を買い、バーで酒を飲み、くすねた10ドルで酒をひたすら飲みまくる。
 
で、この男は何者かというと、今でいうニート
学生の時に才能があって小説家になろうとしたかど、実はそうでもなかった。
ただ、諦めきれず「オレはまだ本気たしてないだけ⭐︎」と言って酒に逃げて過ごしているんだよね。
なんか、身につまされる話やね。。
 
自分がなりたいものになれないし、酒もやめられない、という苦しみ。
他人事じゃないよ、オイラの隣にある人生だったかもしれないのよ。
オイラは良い感じに力抜けたけど、小説家になれなかったら何にもならない、という気持ちはよくわかる。
何者かになりたいんだよな。
 
そんなこんなで、金を盗んだり、酒そのものを強盗したり、女に金借りたり。
そして、女のアパートから階段を転げ落ちて、病院に行った時、たくさんのアルコール中毒患者をその目で見るんですよね。
 
何かをつぶやいている者、幻覚を見て叫び出す者、それらについて看護師は教えてくれて。
 
それでもその施設抜け出すんですよ。
酒飲みたいから。
 
そんで家帰って、酒飲んでたらネズミがコウモリに食われる幻覚見えてきて、ギャー!
 
暗い未来を見据え、死ぬのを決意。
 
恋人が部屋に入ってきて。
 
もうね、めちゃめちゃ殺させない。
 
酒飲んで飲んで、死ぬよりマシよ、なんつって。
 
本当にもう死ぬよ、打つ手ないよって時にバーのマスターが川に流れてたよ、なんつってタイプライター持ってきて、恋人もこれが暗示よ、なんつって。
ドンも「ようし、書くか」なんつって。
 
それでウィスキーにタバコを入れて、ジ・エンド。
 
なんといつか、クズ男のどうしようもなさをただただ鑑賞させられて、それでも目が離せない作品でしたね。
95%成分がクズ。希望に恋人が諦めないところをちょろっと添えて。
そんな映画、いかがですか。
 
製作国
監督
出演
ドン・バーナム:レイ・ミランド
ヘレン・セント・ジェームズ:ジェーン・ワイマン
ヴィック・バーナム:フィリップ・テリー