こころよしブログ

「ほめる、認める、肯定する。」をモットーに、何もないおっさんになった自分が大喜利や日々のことを書きつづることこで変化していくさまを記録するブログ

校章のプレートをふむと、どうなる?【映画大喜利1000本ノック】

映画大喜利

 

 

Q.

 
校章のプレートをふむと、どうなる?
 
 

 

 

 

A.

 

教頭と校長の血で血を洗うデスマッチが再開する

 

 

 

 
 
 
 

大喜利元ネタ

 
 
理由なき反抗(1955)
 
 
 
『死ぬまでに観たい映画1001本』より、99本目。
以下、ネタバレ備忘録。
 
自分の中で納得いかないことが強い少年が、そのエネルギーをうまく操ろうとする話。
 
 
警察署でジムが保護者と話しているところから物語は始まり。
 
そこですでに父親の不甲斐なさに対してやるせなく思うジム。
 
この話を警察のレイに話して。
 
何かあったら自分のところに相談に来い、と頼りになる感じ。
 
同じく警察署に来ていた、ジュディとプレイトー。
 
この三人を中心にが物語が動いて行きます。
 
次の日、学校に行くジム。
 
昨日見かけたジュディに声をかけるも連れない感じ。
 
それもそのはず、ジュディは不良グループにおり、朝っぱらから通りがったその不良どもと絡み合います。
 
その日のうちに、不良グループのリーダー格のバズとジムはナイフカスリカスリ対決。
 
この時、味方はさっきプラネタリウムで初めて話したプレイトーのみ。
 
警備員のおっちゃんに止められるも、またまたその日の夜に、さらなる対決の誘いが。
 
家に帰って父親にこの誘いについて相談するも、優柔不断でハッキリしない。
 
ジムはそのことに苛立ちつつ、約束の場所へ。
 
そこで執り行われるのは、チキンレース
 
崖に落ちるギリギリで車のドアを開け、飛び出る、という度胸だめしだ。
 
バズはこの時、ジムに、お前のようなやつはすきだぜ、と伝えて。
 
フェア感溢れるチキンレースとなり、ジュディの合図で二人はアクセルを踏み。
 
崖があと少し、というところでジムは脱出。
 
しかし、バズは服が引っ掛かり、そのまま崖下へ落下し、死亡。
 
みんな、蜘蛛の子を散らすように一旦解散。
 
ジムも彼女であるジュディもショック状態。
 
ジムは家に帰り、両親に相談して。
 
正直にいうことはない、という両親。
 
正直者でありたい、ジム。
 
ジムは一人で警察に行くことに。
 
警察には相談に乗ってくれるはずのレイはおらず。
 
その後、ジュディと密会。
 
二人はプレイトーの教えてくれたプレタリウム近くの廃屋へ。
 
プレイトーもそこへ向かい、また、ジムを逆恨みしているバズの仲間たちも、そこへ向かいます。
 
ジムとジュディ、それにプレイトー。
 
この三人が感じたのは、束の間の楽園生活。
 
そのうちに眠ってしまったプレイトー。
 
残りの二人はちょっと離れたところで愛を確認。
 
そんなとき都合悪くバズの仲間たちがプレイトーを取り囲み。
 
プレイトーは持ってきた銃を抱えながら逃げ惑います。
 
そして、堪えきれなくなり、発砲。
 
悪ガキの一人に当たり、さらにビビり逃走。
 
その頃、ジムとジュディはいちゃついていて。
 
そのことでプレイトーはキレて。
 
警察が嗅ぎ付けて、あっという間に包囲。
 
そして、ジムはプレイトーを説得。
 
外に出て行こうとするも、プレイトー、興奮。
 
撃たれて死亡。
 
ジムはやるせなさに打ちひしがれ、親もその様子を見守るようにし。
 
そんな雰囲気で、ジ・エンド。
 
 
なんだったんでしょうか。やることなすこと上手くいかない。
 
そんな大人との隔たりを中心とした話の中でも、ジェームズ・ディーンのカッコよさが光る、不良映画の古典のような映画でした。
 
 
製作国
監督
出演
ジム・スターク:ジェームズ・ディーン
プレイトー:サル・ミネオ